磐田市 H様邸外構工事

お客様の声

本当に華やかな中庭になり、職員共々大変満足しています。
入居者の方々には、ここで御家族との素敵な時間を過ごして頂きたいと思っています。
工期や材料手運び等、大変な中での作業、本当にお疲れ様でした。

▼写真をクリックすると、大きくご覧頂けます(別ウィンドウが開きます)


こだわりの点


老人ホームに出入りされているガーデナーさんと共同で中庭を製作しました。

中庭をどのような雰囲気にしたいか?
入居者の皆様、そして御家族の皆様にとって、どのような存在の庭で在ってほしいか?
また、このスペースでどの様な会話をして貰いたいか?

等々、いろんな想像を膨らませながら設計図を作成しました。


決められた敷地面積の中で、立体感や奥行感を演出するにはどのような石材や植栽、配色にするか?

特に、ここ中庭は周囲の室内からも中庭を眺めることが出来ます。

その窓を最大の仕上がり高として段差を幾つ設けるか?
そこが一番のポイントであり、課題でした。

着手3ヶ月前から、何度も何度も修正を重ね、今回のレイアウトとなりました。


植え込み部分は、季節の花を植えられるスペースにしました。
段差をつけた飾り棚部分には、鉢植えを置けるようにしました。

管理されているガーデナーさんの女性にとって、定期的な植替えは 力も使う大変な作業です。

プランターや鉢類を多くすることにより、女性でも容易に移動することが出来ます。定期的な管理を考えての設計です。


全く違うダブルフェイスです。
まさにアンシンメトリーですね。(左右非対称設計)

左右で異素材を使い分け、視覚に変化を与えます。
そうすることで、一体感の中でも引き締まった演出が可能です。


レンガ花壇の内部を凹ませることで、プランターを隠すことができ、 植樹してあるような風合いになります。

これらも、植栽管理を行い易いような設計となっています。


土ならではの植込みの良さ、楽しさも活かしています。

季節によって見頃の植物を眺めることができます。
そして、その草花に手を加えて頂くことによって、もっと身近な 庭づくりを実現させました。

会話の中には、様々な花の名前や、見事に咲き誇る花の感想等、 きっと話が弾むことでしょう。
庭本来の楽しさを皆さんで共有して頂けたら幸いです。


立水栓は、周りの木々と統一感があるように木目調としました。
主張しすぎず、存在感を出す。ナチュラル(自然との調和)を心掛け ました。
私のイメージでは、アフリカやオーストラリア等に生息する 【バオバブの木】なんですけど…。主張しすぎ?(笑)
皆さんは如何ですか?


皆様、お気づきですか?
正面と左中央に野兎の置物を設置してあります。
割石を岩に、草花を木々に見立て、自然の中で生きる兎を イメージしました。

こういった動物のお蔭で、庭に脈動感も生まれます。

BACK